足の臭いの原因

足の臭いの原因


足の臭いの原因は、1日にコップ約1杯もの汗をかくことによって、足の皮ふについている雑菌(ブドウ球菌など)が増殖して、悪臭(イソ吉草酸)を発生させるからです。
女性で1日中ブーツや靴を履きっぱなしの方は、普通の人より多くの汗をかくので、足が臭くなりやすいですね。


雑菌
足の裏の皮ふは、角質層が厚く、歩いたりすると摩擦や汗によって角質がふやけてはがれ落ちます。これが垢・アカとなります。その垢・アカと汗や皮脂が混ざると雑菌はますます繁殖し強いにおいを発します。
ブーツや靴などを長く履き続けると、足はムレて、ますます雑菌が繁殖しやすくなります。


食生活の影響
脂肪を多く含む食生活(肉など)をしていると腸の中の悪玉菌は増え、それが原因で「エクリン腺」を活発化させ、汗を余計にかくことになります。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。