足の臭い対策−靴

靴における臭い対策

通気性のよい靴を選ぶ
まずは、通気性のよい靴を選ぶことです。
天然の皮でも、人工の皮でも、どちらであっても、通気性のいいのがよいです。
窮屈な靴や大きすぎる靴は歩くのに疲れてしまい、どうしても足の臭いの原因となる汗が多く出てしまいます。
自分の足に合った靴ほど、靴の中のムレた空気と外の新鮮な空気がすばやく入れ替わります。
だから、足の臭い対策としての靴は、自分の足に合った通気性のいい靴をはくことです。

靴のローテーション
また、靴の湿気は一日で取れるものではないので、靴は毎日同じものを履かず、2,3日のローテーションで履きましょう。
そして、風通りのよい日陰においておくといいです。

靴の除菌
家に帰ったら除菌スプレーなどをして、靴の中の雑菌の繁殖を防ぐようにするといいです。

仕事中は、休憩時間などに短い時間でもいいので靴を脱ぐようにします。そうすることで、少しでもムレを抑えることができます。
もし可能であるなら、仕事中はスリッパを履くようにして、ムレを防ぎましょう。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。